(ソ〜ド〜ソ〜ド〜)【G3-C4】を連呼
ドップラー効果で低めをトライしていく。
おなじG3のソでもどんどん低めの「音色」のG3が出せるようになっていく。

ローボイスをだすために、今までは「音、すなわち声自体」を低く出してきたが、これからは、音を下げずに「音色を下げる」

音の再下限に基準を置いたストライクゾーン。それを今日から音をあげて、同時に音色を下げる技を使ってローボイスを出すようにする。すなわち、ストライクゾーンリストの上方修正開始。

修正後
第九 F3# A3
Love Me Tender B2 D3
Amazing Grace G2# B2
I will be there G3 B3b
Too Young D3b E3
Someone to Watch over me B2 D3
I remember you F3# A3
Over the Rainbow D3b E3
As Time Goes By C3 E3b
Lullaby of Birdland G3 B3b
Autumn Leaves B2b D3b
Moon River E3 G3
I will always love you F3 A3b
All at once D3 F3
Livin’ on the prayer F3# A3
Tomorrow C3 E3b
Piano Man E3b G3b
New York State of Mind F3 A3b
This Night E3 G3
I can’t help falling in love with you D3 F3
ブラームス交響曲第1番第4楽章 A2 C3

 

 

**********************************************
『study』から『practice』へ
『左脳』から『右脳』へ
『頭で理解』から『身体での習得』へ
**********************************************

そんなレッスンを心がけています。

 

【キャリア・イメージアップボイトレの詳細&お申し込み】
http://voicease.com/ciuv

【マンツーマン体験レッスンのお申し込み】
http://voicease.com/trial/

【facebookで繋がりましょう】
https://www.facebook.com/mitsyamada

 

ボイストレーニングで
「伝える声」と「伝わる英as yamada

 

 

 

 

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。