コロナの影響で、リモートワークが重要なデバイスになってきました。ボイシーズにおいても、リモートレッスンを開始いたしました。しかし、ネットを使用することによってどうしても生じてしまう音声の「タイムラグ」というものがネックでした。

そうした中、2020年6月にヤマハが新しい技術「SyncRoom」を発表しました。

この技術によりネット回線で生じる「タイムラグ」を大幅に減少させることに成功! リモートワークでも音楽を用いたレッスンが現実的になりました。

しかし、このSyncRoomは「音声」のみ。

そこででは活用するのが、Zoom!
Zoomで動画で繋がり、Syncroomdeでシンクロ音声で繋がる!
これによって、お互いの姿をみながら、音楽を用いたレッスンが可能になりました!

動画はZOOM、音声はSYNCROOMを使います。

更に、

Syncroomはスマホでできる簡単なものです。

ご興味のある方には、テストで回線を繋いでご体験していただいております。
「お問い合わせ」からお申込みください。