現在、プロモーション用動画を一緒に作成中のリサさん
通常のミュージックビデオを作る段取りと同じく
まずは、歌の音源をしっかりとレコーディングしました。

そしてこんどはその歌を再生しながら
リップシンクで歌った姿を動画で撮影しました。

こうすると、動画収録の時は
自分の見せ方だけに専念できるからいいですね。

そうしてファイナルカットで
動画と音楽をシンクロさせて完成!

こうすると
パフォーマンスも歌声も、
ベストなテイクをプレゼンできますね!

Good Luck!

【コメント】
*観て楽しむ、聴いて楽しむ50%、50%
*素の自分を見せる必要はない。
*どんな自分を見せるか?それは「芝居を打つこと」
*「芝居」ができないなら、人前に自分をさらさないほうがいい
*なぜなら「素の自分」を見せて、恥ずかしい思いをするのは自分だし、その恥ずかしがっている自分の姿をみて、喜んでくれる人はいないから。

 

【参考資料】
大原桜子

【宿題】

【レパートリー】

 

 

**********************************************
『study』から『practice』へ
『左脳』から『右脳』へ
『頭で理解』から『身体での習得』へ
**********************************************

そんなレッスンを心がけています。

 

【キャリア・イメージアップボイトレの詳細&お申し込み】
http://voicease.com/ciuv

【マンツーマン体験レッスンのお申し込み】
http://voicease.com/trial/

【facebookで繋がりましょう】
https://www.facebook.com/mitsyamada

 

ボイストレーニングで
「伝える声」と「伝わる英語」を身につける

ボイシーズ/山田光剛 mits yamada

 

 

 

 

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。