ウィルスの入り口「鼻・口」

鼻や喉の「粘膜」が弱いと
ウィルスによって粘膜が炎症を起こし、

喉の痛み
鼻水・鼻づまり
発熱
せき
関節痛

など、様々な体調の不良を起こすわけです。

それが「風邪症候群」

そして、そうした症状を和らげるのが
「風邪薬」

でも「風邪薬」は、
そもそもの根源である、

鼻や喉の弱い粘膜を
強くしてくれるわけではないのです。

 

呼吸をしている限り
ウィルスの侵入は防げないわけで、
鼻と喉の粘膜が弱いと
また、風邪の症状を引き起こすわけです。

 

負のスパイラル。。。

 

ウィルスの侵入を防ぐには、
呼吸を止める。。。
→ムリ

そう

「風邪自体をひかないようにする薬はない」

とよく言われるのはこういうことですね。

 

でも、
鼻や喉の粘膜を強くすれば、
風邪症候群が起きにくくなりますね。

 

それしかない。
しかしなかなか簡単にはできない。

 

ウィルスには多くの種類があり、
季節ごとに流行する種類が異なりますが、
その多くは1週間以内の経過で治癒していきます。

逆に1週間以上かぜ症状が続く場合、
かぜ症候群以外の原因を考える必要があります。

 

原因としてあげられるのは

*アレルギー性鼻炎
*急性副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)
*急性扁桃炎
*上咽頭炎
*咽頭炎

などが挙げられます。

そのなかでも特に

上咽頭炎

に注目!

上咽頭炎になるとこんなにも体の不調が現れるのです。


*度々喉が痛くなる(喉が弱い)
*鼻の奥の違和感、乾燥感
*咳がからみやすい、咳払いが多い
*喉の違和感、つまった感じ
*声が出しにくい
*喉の不調に伴う首のこり、肩こり

こんな症状は上咽頭炎が関係している可能性があります。

こんな本も出版されているくらいです。

 

 

上咽頭炎も風邪と同様、
症状を和らげて楽にする薬はあれども、
本来の根源を投薬によって治すことはできないのです。

わかりやすく言うと、
抗生物質を飲んだからと言って、上咽頭炎が治るわけではない。
ということですね。

じゃ、どうしたらいいの?

鼻と喉の粘膜を強くする強力な療法のが

Bスポット療法

 

そしてもう一つできることは

鼻うがい。

 

あと、やはり

体質改善しかない。。

 

投薬ではできないのが「体質改善」

でも漢方薬では可能です!

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

 

 

*参考記事
風邪症候群とアレルギー性鼻炎は区別しよう。
こんな症状は、上咽頭炎が関係している可能性があります