段落一

拙者親方せっしゃおやかたと申すは、
お立会のうちに、御じのお方もござりましょうが、
お江戸をって十里上方にじゅうりかみがた
相州小田原一そうしゅうおだわらいっしきまちをお過ぎなされて、
青物町あおものちょうりへおいでなさるれば、
欄干橋屋藤衛門らんかんばしとらやとうえもん
只今は剃髪ていはつ致して、えんさいとなのりまする。

元朝がんちょうより、晦日おおつごもりまで、
お手に入れまる此の薬は、昔んの国の唐人とうじん
郎という人、ちょうへ来たり、
みかど参内さんだいの折りから、
この薬をめ置き、
もちゆる時は一粒いちりゅうずつ、
かんむりのすきより取りいだ
よってその名を帝より、とちんこうとたまわる。
すなわ文字もんじには
いただき、におい」と書いて
「とちんこう」と申す。

只今はこの薬、ことほか世上せじょうひろまり、
方々ほうぼう看板をいだし、
イヤ、小田原の、灰俵はいだわらの、さん俵の、すみだわらのと、
いろに申せども、

平仮名をもって「うろう」と記せしは、
親方円斉ばかり。
もしやお立会いのうちに熱海かとうさわ
とうじにお出なさるるか、
または御参宮いせごさんぐうの折からは、
必ずかどちがいなれまするな。
のぼりならば右のかた、お下りなれば左側、
はっぽう八つ棟やつむねおもて三つ棟みつむね堂造ぎょくどうづくり。
破風はふには菊にきりのとうの御紋ごもん御赦免ごしゃめんあって、

系図正し薬でござる。

段落二

イヤ最前よりかめいの自慢ばかり申しても、
ご存じない方には、しょうしんこしょう丸呑まるのみ白河夜船しらかわよふね
さらばいちりゅう食べかけて、
そのきみあいをお目にかけましょう。
ずこの薬をかうに一粒いちりゅう舌の上にのせまして、
腹内ふくないへ納めますると、
イヤども云えぬは、胃、しん、肺、肝がすこやかになりて、
薫風咽くんぷうのんどよりきたり、
口中微こうちゅうびりょうを生ずるが如し。
ぎょちょうきのこ、麺類の食い合わせ、
そのほか万病速まんびょうそっこうある事の如し。
さて、この薬、第一の奇妙には、
舌のまわることがぜにごまが、はしで逃げる。
っと舌がまわり出すと、も楯もたまぬじゃ。

段落三

そりゃそりゃ、そらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ、
アワヤのど、サタラナ舌に、カ歯音しおん
ハマの二つは唇の軽重けいちょう
開合かいごうさわやかに、
アカサタナハマヤラワ、オコソトノホモヨロヲ。
一つへぎへぎに、へぎほしはじかみ。
盆まめ、盆米、盆ごぼう、
つみたで、つみ豆、つみ山椒ざんしょう
書写山しょしゃざん社僧正しゃそうじょう
粉米こごめのなまがみ、粉米のなまがみ、こん粉米の小生こなまがみ。
繻子しゅすひじゅす、繻子、繻珍しゅちん
親も嘉兵衛かへえ、子も嘉兵衛、親かへえ子かへえ、子かへえ親かへえ。
古栗ふるくりの木の古切口ふるきりぐち
雨合羽あまがっぱか、番合羽ばんがっぱか。
貴様のきゃはんも皮脚絆かわぎゃはん、我等がきゃはんも皮脚絆。
しっかわばかまのしっぽころびを、
三針みはりはりながにちょと縫うて、縫うてちょとぶんだせ。
かわら撫子なでしこ野石竹のせきちく
のら如来にょらい、のら如来、のら如来にのら如来。
一寸先ちょっとさきのお子仏こぼとけに、おけつまずきゃるな。
細溝ほそどぶにどじょにょろり。
きょうのなまだら奈良なま学鰹まながつお、ちょと四、五貫目しごかんめ
お茶立ちょ、茶立ちょ、ちゃっと立ちょ茶立ちょ、青竹茶筅あおだけちゃせんでお茶ちゃっと立ちゃ。

段落四

来るわ、来るわ、何が来る、高野こうやの山のおこけら小僧。
狸百匹、箸百膳はしひゃくぜん天目百杯てんもくひゃっぴゃい、棒八百本。
武具、馬具、ぶぐ、ばぐ、三ぶぐばぐ、合わせて武具、馬具、六ぶぐばぐ。
菊、栗、きく、くり、三菊栗、合わせて菊、栗、六菊栗。
麦、ごみ、むぎ、ごみ、三むぎごみ、合わせてむぎ、ごみ、六むぎごみ。
あの長押なげしの長なぎなたは、
が長なぎなたぞ。
向こうの胡麻がらは、のごまがらか、ごまがらか、あれこそほんの真胡麻殻まごまがら
がらぴいがらぴい風車かざぐるま
おきゃがれこぼし、おきゃがれこぼし、ゆんべもこぼして又こぼした。
たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、
たっぽたっぽ一丁だこ、
落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食われぬものは、
五徳ごとく、鉄きゅう、かな熊童子くまどうじに、
石熊、石持いしもち、虎熊、虎きす。
中にも、東寺とうじ/rt>羅生門らしょうもんには、
茨城童子いばらきどうじがうで栗五合ぐりごんごうつかんでおむしゃる、
かの頼光らいこうのひざもと去らず。

段落五

ふな、きんかん、椎茸しいたけ、定めて後段ごだんな、そばきり、そうめん、うどんか、愚鈍ぐどん小新発地こしんぼち
小棚の、小下の、小桶に、こ味噌が、こ有るぞ、子杓子こしゃくし、こ持って、こすくって、こよこせ、
おっと合点がてんだ、
心得たんぼの川崎、神奈川、保土ヶ谷ほどがや、戸塚は、走って行けば、
やいとをすりむく、三里ばかりか、
藤沢、平塚、大磯がしや、小磯の宿を七つ起きして、
早天早々そうてんそうそう相州小田原そうしゅうおだわらとうちん香、
隠れござらぬ貴賤群衆きせんぐんじゅの花のお江戸の花ういろう、
あれあの花を見て、お心を、おやわらぎやという。
産子うぶこ這子はうこに至るまで、
この外郎の御評判、御存じないとは申されまいまいつぶり、
つの出せ、棒出せ、ぼうぼうまゆに、
うすきね、すりばち、
ばちばちがらがらがらと、羽目を外して、今日こんにちお出でのいずれも様に、
上げねばならぬ、売らねばならぬと、息せい引っぱり、
東方世界とうほうせかいの薬の元〆もとじめ
薬師如来も照覧しょうらんあれと、
ホホうやまって、
ういろうは、いらっしゃりませぬか。