きれいな声が、無意識に出てしまう瞬間!

 

そんな瞬間があるんです。

 

定期的にレッスンを受けて下さっている生徒さん

 

ドキッとすることがあります。

 

それは、
「あれ、今日はなんでこんなに声がきれいに響くの?」
っていう時があるんです。

 

声はナマモノ

喉もナマモノ

順調なときもあれば、
喉風邪をひけば声はでない。

 

それはあたりませのことなので、
一喜一憂すること自体野暮ですね

 

そうした中で、声がきれいに響くときの
ひとつの共通項を見つけたのです。

 

それは

「疲れているとき」


疲れているときの声って、
意外にも想定外に声が響くんです。

 

最初はなんか勘違いか、
偶然かな?と思っていたんですが、
どうやら違う模様。

 

そして気づいたんですが、
疲れているときは、

「りきめない」んですよ。

すなわち体調万全で元気なときより
力が入らないんです。

 

いつもより
フニャフニャなわけです。
そうすると、
いつも僕が言っている、
「りきまないで!」ということが
無意識にできてしまうわけなんでしょうね。

 

そうでもしないとりきみを取れない。

 

すなわち、普段、りきみを取るのは
相当意識と工夫が必要なんでしょうね。

 

じゃ、どうすればいいの?

 

そんなとき、ひと呼吸。

 

仕事終わりにボイトレに来てください。

 

大抵みなさん疲れています。
ですので、りきめないので、
想定外の艶やかな声が出るんです。
平日の仕事終わりにボイトレを!