ライブの時、MC、アカペラ等、全てのシチュエーションの基本となる、元となる発声スタイルを確立しましょう。

今日のその発声方法が全てのスタートになるように。
もう二度と、前の力んだ発声に戻らないように。

「え行」の響きが美しくない。表情も美しくない。

この「指を置いて」練習する「意義」「何を矯正しようとしているのか」狙いをしっかりと認識して、この練習をすることがものすごく大事。

 

これで「えけせてね へめえれえ」を歌詞にして歌う。

image

じて んこきゅう
いちきりと かっ
るきょうも すんだくう
ねいっぱいに すこんでねがった

きみへのおも きゅうじょうしょう
あがってしまう ほどうきょう

 

 

**********************************************
倍音に包まれた、相手の心に響く、艶やかな声
声のイメージアップとネイティブ英語発音をゲット!
**********************************************

 

【キャリア・イメージアップボイトレの詳細&お申し込み】
http://voicease.com/ciuv

【マンツーマン体験レッスンのお申し込み】
http://voicease.com/trial/

【facebookで繋がりましょう】
https://www.facebook.com/mitsyamada

 

ボイストレーニングで
「伝える声」と「伝わる英語」を身につける

ボイシーズ/山田光剛 mits yamada

 

 

 

 

 

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。