*【吸1:吐1】を守って。
*毎日小刻みに練習してください。
*徐々に早くやってください。
*息が浅いひとの練習。これがソリューションですよ。他にはないです。

*どうしても息を吸うのが苦手。だからピアノの伴奏で時間の枠にはめるのを止め、ブレスのときはゆっくり時間をかけて、しっかりと息を吸う。まずはこれ。

*ゆっくりにするのはブレスを取るだけ。歌うところは普通のスピードで。

*息は完全に使いきってから吸うものではないです。ちょこちょこです。

 

 

**********************************************
倍音に包まれた、相手の心に響く、艶やかな声
声のイメージアップとネイティブ英語発音をゲット!
**********************************************

そんなレッスンを心がけています。

 

【キャリア・イメージアップボイトレの詳細&お申し込み】
http://voicease.com/ciuv

【マンツーマン体験レッスンのお申し込み】
http://voicease.com/trial/

【facebookで繋がりましょう】
https://www.facebook.com/mitsyamada

 

ボイストレーニングで
「伝える声」と「伝わる英語」を身につける

ボイシーズ/山田光剛 mits yamada

 

 

 

 

 

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。