【コメント】
高い声にアプローチするとき、地声をカチあげるのではなく、工夫して新しい声の出し方で臨む感じです。裏声でだしているその声をさらに艶やかに練り上げていく感じ。

*いまのそのアプローチでOKなんです。でもその声でOKという意味ではありません。確実に正しいレールに乗っている。

*裏声をだしているんだが、地声を出すときの筋肉を使っている感じ。

*ドミソドソミドのアルペジオのアプローチも見事にできている。

*地声の限界がきて、切り替えるとき、上手にミックスして切り替え部分が目立たないようにするのも重要な技。
*「レミファ#ミレ」から上手にミックスする。

*ドレミを「ナ」でやる必要なし。やりやすいなら「あ」で結構

 

********************************************** 
『study』から『practice』へ 
『左脳』から『右脳』へ 
『頭で理解』から『身体での習得』へ
**********************************************

そんなレッスンを心がけています。

 

【キャリア・イメージアップボイトレの詳細&お申し込み】
http://voicease.com/ciuv

【マンツーマン体験レッスンのお申し込み】 
http://voicease.com/trial/

【facebookで繋がりましょう】 
https://www.facebook.com/mitsyamada

 

ボイストレーニングで 
「伝える声」と「伝わる英as yamada

 

 

 

 

 

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。