まずはこの曲を聴いてみてください。

Peter, Paul, And Mary の「Puff The Magic Dragon」という曲です。
1965年にリリースです。(僕が生まれた年ですw)

 

2分40秒あたりからのメロディーと歌詞を譜面にしてみました。

 

スクリーンショット 2015-04-06 7.46.53

英語だと、4小節の中に11個もの単語が入っています。
それを日本語に訳すと、上のようになりますが、
これは到底4小節の中では歌いきれません。

そこで、これを聴いてみてください。
由紀さおりさんが、この歌を日本できれいに歌っています。
2分45秒あたりから聴いてみてください。

♪みどりの うろこ 流して 泣いた〜♪

譜面にして比べてみましょう。
スクリーンショット 2015-04-06 7.47.28

日本語だと、同じ4小節の中に4つの単語しか入りません。
英語と比べると半分以下です。

日本語は「限られた言葉」で伝えることを追求する。

制約があるからこそ、
少ない言葉に想いを込めることで、
深い味わいが出る。

すなわち

ひとつひとつの単語を膨らませて、
どうやって相手に伝えるか?

 

ここで日本人が英語を話す時の癖が垣間見れてきますね。
短く小刻みな日本語英語
抑揚の少ない棒読みな英語

 

日本人が、ネイティブ英語に近づくには
「膨らませて」英語を話すことが大事なんです。

じゃ、どうやって?

ボイシーズのレッスンではオリジナルメソッドで
そこを追求しています。

 

 

 

 

**********************************************
『study』から『practice』へ
『左脳』から『右脳』へ
『頭で理解』から『身体での習得』
**********************************************

そんなレッスンを心がけています。

 

【キャリア・イメージアップボイトレの詳細&お申し込み】
http://voicease.com/ciuv

【マンツーマン体験レッスンのお申し込み】
http://voicease.com/trial/

【facebookで繋がりましょう】
https://www.facebook.com/mitsyamada

 

ボイストレーニングで
「伝える声」と「伝わる英語」を身につける

ボイシーズ/山田光剛 mits yamada