「メラビアンの法則」とは
アメリカUCLA大学の心理学者、
アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念。

みなさんこんに英語と音楽を用いて
あなたの表現力を飛躍的にアップさせる!

ボイストレーナーのヤマダミツタケです。

 

人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まる。

初対面の人物を認識する割合は、
1)「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55% 、
2)「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%、
3)「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%

 

と言われている。

 

僕はレッスンのとき、
いつも
「歌い出しの音」を大切にしてもらっています。

 

出だしの音が第一印象ですからね。

そして、このメラニアンの法則を歌にあてはめてみると、
こういう解釈もできるのではないでしょうか?

みなさん、
歌っているときの表情はいかがでしょうか? 

 

みなさまの歌唱力アップに
なにか参考になれば幸いです。

 

********************************************** 
『study』から『practice』へ 
『左脳』から『右脳』へ 
『頭で理解』から『身体での習得』
**********************************************

そんなレッスンを心がけています。

 

【キャリア・イメージアップボイトレの詳細&お申し込み】
http://voicease.com/ciuv

【マンツーマン体験レッスンのお申し込み】 
http://voicease.com/trial/

【facebookで繋がりましょう】 
https://www.facebook.com/mitsyamada

 

ボイストレーニングで 
「伝える声」と「伝わる英語」を身につける

ボイシーズ/山田光剛 mits yamada

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。